宮城のニュース

今度は段ボールで「スターウォーズ」

細部まで精巧に作り込まれた段ボール製「AT−ACT」

 映画「ローグ・ワン スターウォーズ・ストーリー」に登場する歩行型輸送機「AT−ACT」を強化段ボールで再現したオブジェが、宮城県女川町の町まちなか交流館に展示されている。東日本大震災からの復興途上の町に集客の仕掛けを作ろうと、町内の事業者らが東京で展示されたオブジェを「帰還」させた。
 町中心部の商業施設「シーパルピア女川」に店舗を構え、段ボール製のスーパーカー「ダンボルギーニ」で知られる梱包(こんぽう)資材会社、今野梱包(石巻市)が製作。昨年12月に東京であった映画イベントに合わせ、ウォルト・ディズニー・ジャパンの依頼を受けて約1カ月半で仕上げた。
 作品は高さ5メートル、幅2.1メートル、長さ5.2メートル。CGモデリングデータなどを参考に細部まで精巧に作り込んだ。今野梱包の今野英樹社長(44)は「こうした取り組みが実現できる環境が地元にあると多くの人に伝えたい」と話す。
 展示は7月末までの予定。休館日(原則第2、第4火曜)は観覧できない。連絡先は女川みらい創造0225(24)8118。


関連ページ: 宮城 社会

2017年05月30日火曜日


先頭に戻る