宮城のニュース

<なでしこ>市瀬、佐々木繭ら欧州遠征選出

 日本サッカー協会は29日、欧州遠征で6月の国際親善試合、オランダ戦(9日)とベルギー戦(13日)に臨む女子日本代表「なでしこジャパン」23人を発表し、主力の横山(長野)熊谷(リヨン、宮城・常盤木学園高出)阪口(日テレ)らが順当に選出されたほか、菅沢(浦和、JFAアカデミー福島出身)が復帰した。マイナビベガルタ仙台レディース(仙台)からは市瀬、佐々木繭が選ばれた。
 4月のコスタリカ戦から入れ替えは少なく、20歳の長谷川(日テレ)上野(愛媛)ら若手を引き続き招集した。高倉監督(福島市出身)は「攻守にアグレッシブに賢く戦い、日本の良さを出して2試合とも勝ちにこだわる」と話した。
 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が6位で、オランダは12位、ベルギーが23位。

 サッカー女子日本代表は次の通り。
 ▽GK 山根恵里奈(千葉、JFAアカデミー福島出身)池田咲紀子(浦和)山下杏也加(日テレ)▽DF 鮫島彩(INAC神戸、宮城・常盤木学園高出)熊谷紗希(リヨン)中村楓(新潟)佐々木繭、市瀬菜々(以上仙台)高木ひかり(ノジマステラ神奈川相模原)大矢歩(愛媛)▽MF 阪口夢穂、中里優、隅田凜、長谷川唯(以上日テレ)宇津木瑠美(レイン)中島依美(INAC神戸)杉田亜未(伊賀)猶本光(浦和)▽FW 菅沢優衣香(浦和)横山久美(長野)田中美南、籾木結花(以上日テレ)上野真実(愛媛)

<成長を確かめたい/仙台・DF市瀬菜々の話>
 フィジカルの向上が自分の課題で、重点的に練習に取り組んだ。どれだけ通用するのか、自分の成長を確かめたい。親善試合だが、気を引き締めて戦う。

<先発入りを目指す/仙台・MF佐々木繭の話>
 欧州はフィジカルが強いイメージがあるので、相手の動きに対する予測を素早くし、その差をカバーしたい。日々の成果を発揮し、先発メンバーを目指す。


2017年05月30日火曜日


先頭に戻る