宮城のニュース

<春季高校野球>仙台育英、東北大会へ

古川工―仙台育英 8回裏仙台育英2死三塁、杉山が中前適時打を放ち、2―0とする

 30日、宮城県石巻市民球場で3位決定戦があり、仙台育英が古川工を3−0で下し、9大会連続32度目の東北大会出場を決めた。
 仙台育英は二回1死二塁から前田の中前適時打で先制。八回にも杉山の中前適時打などで2点を追加して古川工を振り切った。
 第2試合の決勝は、既に東北大会出場を決めている東陵と東北が対戦。東北大会は6月8〜12日、同球場などであり、東北各県の代表計18校が出場する。
 組み合わせは6月1日に決まる。

 ▽3位決定戦
古川工  000000000=0
仙台育英 01000002×=3


2017年05月30日火曜日


先頭に戻る