岩手のニュース

イブリー・ギトリスさん 平泉中生と交流

生徒たちを前に繊細な音色を奏でるギトリスさん

 今年95歳になる現役世界最高齢のイスラエル人バイオリニスト、イブリー・ギトリスさんが29日、岩手県平泉町の平泉中(生徒183人)を訪れ、生徒たちと交流した。県による東日本大震災からの復興発信事業の一環。
 ギトリスさんは、愛用する1713年製ストラディバリウスで、母から教えてもらったという古里の子守歌などを奏でた。生徒たちの合唱には、「ブラボー」と拍手を送った。
 名器を手に「現代の技術でも、これは作れない。君たちも地元の世界遺産を大切にしてほしい」とギトリスさん。「人生はつらい時があるから幸せな時が訪れる」と激励した。
 ギトリスさんはこれまで、陸前高田市で震災犠牲者の追悼演奏を行うなど被災地支援を続けてきた。


関連ページ: 岩手 社会

2017年05月30日火曜日


先頭に戻る