岩手のニュース

岩手大実験室で爆発、男性研究員負傷

 29日午後6時5分ごろ、盛岡市上田4丁目、岩手大理工学部の地域連携推進センター棟実験室で爆発事故があった。硫黄化合物製造「いおう化学研究所」(盛岡市)の30代の男性研究員が顔と左手にけがをした。消防によると、研究員は1人で実験しており、薬品を混ぜていたところ、突然爆発したという。


関連ページ: 岩手 社会

2017年05月30日火曜日


先頭に戻る