山形のニュース

<月山>稜線くっきり 夏スキー日和

青空にくっきりと浮かび上がる月山。手前は山形市の中心市街地

 山形県内は29日、高気圧に覆われ、全域で青空が広がった。山形市内からは、残雪を頂く月山(1984メートル)の稜線(りょうせん)が、初夏の日差しを浴び、白く浮かび上がって見えた。
 月山の標高1600メートル付近にゲレンデがある月山スキー場は、夏スキーで知られる。今年は4月9日にオープン。山形県西川町にある月山朝日観光協会の担当者は「積雪量は約6メートルで例年に比べてやや多め。7月末まで十分にスキーが楽しめます」と話している。


関連ページ: 山形 社会

2017年05月30日火曜日


先頭に戻る