広域のニュース

<JR東>東北絆まつりで臨時列車を運行

 JR東日本仙台支社は6月10、11の両日、仙台市で開かれる「東北絆まつり」に合わせ、在来線や新幹線で臨時列車を運行する。
 メインのパレードがある11日が中心で、東北線の臨時列車は上りの松島−仙台間で3本、下りの岩沼−仙台間で2本の臨時列車を運行。仙石線は上りの東塩釜−あおば通間で2本を走らせる。東北線は一部列車で車両数も増やす予定。
 東北新幹線は10、11の両日、東京−仙台間と仙台−盛岡間などで上下計4本を増便する。
 仙台空港鉄道も10、11の両日、仙台空港アクセス線で12本の列車を2両から4両編成に増やす。


関連ページ: 広域 社会

2017年05月30日火曜日


先頭に戻る