宮城のニュース

絆まつりで記念切手

東北の祭りがプリントされた切手シート

 日本郵便東北支社の中江紳悟支社長が30日、仙台市役所を訪れ、6月10、11日に市内で開催される「東北絆まつり」の記念切手シートのレプリカを、絆まつり実行委員会会長の奥山恵美子仙台市長に贈呈した。
 東北6県の七つの祭りの写真がプリントされたレプリカを手渡され、奥山市長は「魅力が写真によって美しく表現されている。これを貼って親戚やお友達に便りを出し、まつりを全国に広めてほしい」と期待を込めた。
 82円切手10枚のシートで1枚1300円。一部を除く仙台市内の郵便局105局で、限定1000枚を2日に発売する。5日からは日本郵便のホームページでも販売する。


関連ページ: 宮城 経済

2017年05月31日水曜日


先頭に戻る