青森のニュース

伝説の飛行機由来 カクテルでにぎわいを

「ミスビードル」を作る小原さん

 三沢市商工会青年部(青森県三沢市)は、市内のバー経営者小原輝久さん(42)と協力し、オリジナルカクテル「ミスビードル」を開発した。三沢の夜の街に往時のにぎわいを取り戻したいという願いを込め、同市の25店舗で提供している。
 名称は1931年に同市の飛行場から離陸し、世界初の太平洋無着陸横断飛行に成功した飛行機「ミス・ビードル号」にちなんだ。
 三沢はかつてテキーラの消費量が東北で最も多かったという。青年部の畑山慎吾副部長(33)は「普段、バーに行かない人にも足を運んでもらい、少しでも地域活性化につながってほしい」と期待する。
 小原さんは「アルコールをしっかり感じつつ、飲みやすいのが特徴。フルーティーで甘さもあり、さっぱりしている」と語った。


関連ページ: 青森 経済

2017年05月31日水曜日


先頭に戻る