福島のニュース

<最終処分場>楢葉の行政区と協定

 東京電力福島第1原発事故で発生した福島県内の指定廃棄物を富岡町の最終処分場に埋め立てる計画で、環境省は30日、搬入路がある楢葉町の地元2行政区のうち上繁岡行政区と安全協定を結んだ。
 もう一つの繁岡行政区は反対論が根強いが、同省は協定が締結できなくても廃棄物を搬入する方針を示している。
 同省の担当者と、小薬厚・上繁岡行政区長が楢葉町役場で協定書に調印。町の担当者も立ち会った。
 協定は、作業の安全確保や周辺環境保全といった国側の責務のほか、通勤通学の時間帯を外して定めた搬入時間帯や行政区の立ち入り調査権を盛り込んだ。
 放射能や風評に対する住民の懸念を踏まえ、「行政区は処分への反対を継続する中、安全確保と復興のため苦渋の思いで締結する」との趣旨の文言も入れた。
 小薬区長は「やむなく締結に至った思いを込めた。順守を強く求めたい」と強調。同省の担当者は「繁岡行政区の皆さんとも引き続きコミュニケーションを取っていく」と話した。
 国は昨年、民間の最終処分場を国有化。放射性物質濃度が1キログラム当たり8000ベクレル超10万ベクレル以下の指定廃棄物を処理する計画だ。


2017年05月31日水曜日


先頭に戻る