宮城のニュース

<いちおし土産>政宗の夢思い巡らせ

「伊達な珈琲」の「慶長遣欧使節シリーズ」

◎伊達な珈琲/珈琲豆屋ベートーベン(仙台市)

 3種類の慶長遣欧使節シリーズが人気のコーヒー。店主の石浜啓史さん(61)は「伊達の名前に恥じない上質の豆を選んで自家焙煎(ばいせん)している」と胸を張る。
 パッケージに仙台藩祖伊達政宗の甲冑(かっちゅう)が描かれた「政宗の夢」は、使節が寄港したキューバ産の豆を使い、華やかな味と香りが特徴だ。
 支倉常長のデザインが印象的な「常長の使命」は、航海当時、世界で唯一の産地だったアフリカの豆を使用した。メキシコ産とコロンビア産の豆をブレンドした「伊達の黒船」は、コクのある味わい。
 県観光PRキャラクターのむすび丸や、仙台市の観光PR集団の伊達武将隊を描いた商品も好評だ。
 今年は政宗の生誕450年。石浜さんは「じっくりと味わい、世界に目を向けた政宗の壮大な夢に思いを巡らせてほしい」と願う。

<メモ>いずれも1袋12グラム入り。5袋入ったオリジナル缶は箱入りで2630円。3種が2袋ずつ入ったセットは1710円。店舗は仙台市青葉区大町2の4の8。営業時間は午前9時〜午後6時半。定休は日曜祝日。連絡先は022(225)6996。


関連ページ: 宮城 経済

2017年06月01日木曜日


先頭に戻る