宮城のニュース

<みやぎ蔵王>シロヤシオツツジ見頃 高原華やぐ

かもしかリフト沿いで咲き競うシロヤシオツツジ

 宮城県蔵王町のえぼしリゾートで、シロヤシオツツジが見頃を迎えている。管理する宮城蔵王観光によると、東北最大級の群生地で、6月上旬まで新緑の高原を白くかれんな花が彩るという。
 ゴヨウツツジとも呼ばれる落葉樹で、ゲレンデ周辺やロープウエー沿いに群生している。展望台(標高約1100メートル)付近から登山コース入り口(1350メートル)にかけては、鮮やかなムラサキヤシオツツジや、残雪に映えるスイセンも楽しめる。
 散策者向けにロープウエーを運行中。往復料金は高校生以上1300円、65歳以上1000円、小中学生800円で、未就学児は無料。11月5日までの土、日曜と祝日は、展望台近くから後烏帽子岳(1681メートル)への登山コース入り口までは「かもしかリフト」が上りのみ600円で使える。連絡先は0224(34)4001。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月01日木曜日


先頭に戻る