宮城のニュース

<東北絆まつり>盆踊りで熱く 市民向け練習会

 東北6県の著名な盆踊りを現地の踊り手と来場者が一緒になって踊る「東北一丸盆踊り」が10日に仙台市内で開かれるのに合わせ、出演団体の一つ「仙台七夕おどりきずな会」が、市民向けの事前練習会を3日と6日に開く。
 東北一丸盆踊りは10、11の両日に市内で開催される東北絆まつり(実行委員会主催)の宵まつりとして企画された。10日午後3〜8時、青葉区の勾当台公園市民広場で、花笠踊り(尾花沢市)、黒石よされ(黒石市)、ナニャトヤラ(二戸市)、相馬盆踊り(相馬市)などを踊る。
 3日の練習会は午前10時〜午後3時半、仙台の七夕おどりのほか、東北各県の4曲を紹介。6日は午後7〜9時、西馬音内盆踊り(秋田県羽後町)を練習する。いずれも会場は青葉区の河北新報社別館5階ホール。参加無料。連絡先はきずな会090(1493)1298。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月01日木曜日


先頭に戻る