宮城のニュース

GIみやぎサーモン初出荷 ブランド化前進

GIマークが付された「みやぎサーモン」

 地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する農林水産省の「地理的表示保護制度(GI)」に宮城県内で初めて登録された養殖ギンザケ「みやぎサーモン」が1日、GIマークを付して初出荷された。
 石巻市の石巻魚市場では、GIの運用開始が報告された。須能邦雄社長は「消費者に評価してもらえるようさらに努力を重ね、GIの価値を広く浸透させていきたい」と話した。
 この日、同魚市場で取引された養殖ギンザケ約70トンのうち、みやぎサーモンは約15トンを占めた。価格は1キロ当たり610〜645円で、他のギンザケとほぼ同水準だった。
 みやぎサーモンは、水揚げ時に生け締めや神経締めの処理を施した養殖ギンザケで、高鮮度で甘みのある味わいが特長。5月26日にGI登録を受けた。
 南三陸、女川両町の魚市場でも1日、GIの運用が始まった。


関連ページ: 宮城 経済

2017年06月02日金曜日


先頭に戻る