宮城のニュース

アニメの夏熱く萌え 東北初大型フェス

仙台アニメフェスのロゴマーク

 東北初の大型アニメフェスティバル「仙台アニメフェス1st」が8月5、6日、仙台市青葉区の仙台国際センターで開かれる。声優コンテストや人気声優によるライブイベントなどを予定。関連グッズや東北物産の販売もあり、主催者は約2万人の来場を目指す。

 5日は全日本声優コンテストの東北大会として「声優魂in仙台」を開催。中高生部門と専門学校生部門があり、中高生部門の優勝者は11月の全国大会(東京)に進出する。
 6日のライブイベントには人気アニメの声優らが出演し、持ち歌などのライブとトークショーを行う。
 このほか、アニメ作品の展示ブースやコスプレエリアを設ける。有名作品の原画展なども検討。物販コーナーで宮城の食材などを使った弁当を販売する。
 フェスはイベント企画を手掛ける「D−cloud」(東京)などでつくる実行委員会が主催。東日本大震災からの復興を後押しし、地方活性化につなげようと、去年12月から準備を進めてきた。
 8月5日は午前9時〜午後3時半、6日は午前10時〜午後8時。予約早割1300円(一般販売1500円)。イープラスなどでの予約は今月10日、一般は同28日に発売する。連絡先は実行委事務局のD−cloud03(6416)5901。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月02日金曜日


先頭に戻る