宮城のニュース

癒やしのバラ 住民うっとり

 ◇…宮城県山元町の「太陽ニュータウン」の高橋晋さん(73)、恵子さん(70)夫婦の家で、バラが咲き誇っている。二人がバラに興味を持ったのは東日本大震災が起きてしばらくたってからだった。震災翌年には、傷ついた町を慰めるように白いバラが咲いた。
 ◇…「この花、流された家にあった」「うちも庭をきれいにしていたの」。散歩で訪れた仮設住宅住民の言葉が忘れられないという。
 ◇…樹勢は年々増し、ニュータウン南東部は隠れたバラの名所に。「花が癒やしになれば」と晋さん。見頃は今月上旬まで。(亘理)


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月02日金曜日


先頭に戻る