宮城のニュース

<にゃんとワンポイント>エアコンや保冷材活用

トリミングを受ける犬。気候によっては短く刈り込むなど、入念な暑さ対策が必要だ=仙台市青葉区、仙台総合ペット専門学校

◎犬の熱中症対策

 緑がもえ、愛犬との散歩も気持ちがいい季節になりました。風が吹くと、汗ばんだ肌がひんやりします。ところが足元では愛犬がゼーゼーハーハー。荒い呼吸です。まだ少ししか歩いてないのに…。
 こんな時は要注意です。あなたの愛犬は熱中症の前段階かもしれません。人間にしてみればさわやかな季節ですが、犬には厳しい夏が始まっているのです。熱中症は健康な犬でも短時間で死に至らしめる怖い病気です。呼吸の変化には十分な注意が必要です。
 人間は汗をかき、汗が蒸発する際の気化熱によって体表の温度を下げています。犬の体表には汗腺が少なく、人間のように熱を逃がすすべがありません。代わりに熱を帯びた呼気を吐き、低温の空気を吸い込んで体を冷やします。
 人間でいえば、全身サウナスーツを着て、口だけが外気に触れているような状態です。体には当然熱がこもります。黒い毛色の犬は日光でさらに熱を集めてしまいます。また、気道が狭く呼吸による熱交換が下手な短頭種や肥満犬は、特に気を付けてください。暑さで呼吸が速まると、酸素交換もできなくなり、酸欠に陥る危険性が高いのです。
 犬を室内や車内に残すのはお勧めできません。できれば連れ出してください。気温30度の場合、窓を開けて風を入れても体は冷えません。エアコンで空気を冷やすか、保冷材などで直接体を冷やす工夫をしましょう。ただし、保冷材の中のゼリーには犬が中毒を起こす成分を含むものがあり、かんでビニールを破る子には使用しないでください。
 毛を短くしたり、うつぶせに寝た時に床でおなかが冷やせるよう、腹部だけ毛を刈ったり、ブラッシングで余計な毛をすいてやるのも予防策の一つです。
(ノア動物病院・獣医師 後藤千尋)


2017年06月02日金曜日


先頭に戻る