宮城のニュース

日本一のカツオ全国へ ゆうパック出発式

カツオのたたきを積んだトラックを見送る関係者ら

 20年連続で生鮮カツオの水揚げ日本一を誇る気仙沼市で、カツオのたたきを全国に届けるゆうパックの出発式が1日、同市の物産販売店「気仙沼お魚いちば」であった。
 気仙沼郵便局と水産加工会社阿部長商店(気仙沼市)が提携。気仙沼漁港に水揚げされた生鮮カツオを当日中に加工し、発送する。
 出発式で、日本郵便東北支社県営業統括本部の石井寛人本部長は「日本一の気仙沼のカツオを全国の多くの人たちに味わってもらいたい」とあいさつ。関係者がテープカットした後、約40箱を積んだトラックが関東方面などに向かった。
 5月9日に申し込みが始まったゆうパックは30日現在853箱の申し込みがある。今年は前年より約1000箱多い、4000箱の出荷を見込む。申し込みは7月31日まで。


関連ページ: 宮城 経済

2017年06月02日金曜日


先頭に戻る