宮城のニュース

木村仙台市議が民進党に離党届

 民進党仙台市議の木村勝好元市議会副議長(66)=若林区、7期=が離党届を提出していたことが2日、分かった。党県連が現在、取り扱いを検討している。
 木村氏が所属する市議会の民進党系会派「市民フォーラム仙台」と党県連は、7月の市長選への対応を巡り意見の相違があるが、木村氏は河北新報社の取材に「あくまでも一身上の理由」と説明。離党届は5月上旬に出したという。
 木村氏は離党後も市民フォーラム仙台にとどまる方針。同氏は2005年12月〜09年12月、旧民主党県連で幹事長を務めた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年06月03日土曜日


先頭に戻る