宮城のニュース

人身事故の陸曹長を懲戒処分

 陸上自衛隊仙台駐屯地(仙台市宮城野区)は2日、東北方面特科隊の男性陸曹長(51)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。同駐屯地によると、陸曹長は昨年7月15日、宮城野区扇町3丁目の国道4号を運転中、小型トラックのハンドル操作を誤り、前方のワゴン車に衝突。計5台が絡む玉突き事故を起こし、主婦ら4人に2〜3週間のけがをさせた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月03日土曜日


先頭に戻る