福島のニュース

福島産品吉本芸人がPR 復興相も後押し

福島県産品のPRイベントで、お笑い芸人らとポーズをとる吉野復興相(中央左)、内堀知事(同右)=2日午後、東京都新宿区

 吉野正芳復興相は2日、東京・新宿の「ルミネtheよしもと」で開かれた福島県産品のPRイベントに出席した。地元の主婦らが選んだ名産品を、吉本興業の芸人が売り込む企画「よしもと福島シュフラン」の一環。吉野氏は「福島の食材と技術で作られた立派な商品だ」と訴え、東京電力福島第1原発事故からの産業復興を後押しする姿勢を強調した。
 ステージには、内堀雅雄知事や同県出身の芸人、三瓶さんらも登壇。内堀氏は「こうして光を当ててもらい、作り手の皆さんにとって最高の励みになる」と感謝の言葉を述べた。
 吉本興業は全国47都道府県を対象に、同様の企画「よしもと47シュフラン」を展開中。福島県では漬物や菓子など159品を選んだ。商品は「47シュフラン」のサイトや吉本興業のグッズ販売店などで近く取り扱いを始める。


関連ページ: 福島 社会

2017年06月03日土曜日


先頭に戻る