広域のニュース

<夏トマト>冷房で収量向上 東北電が研究

ヒートポンプ式空調機を活用したトマトのハウス栽培

 夏場のトマトのハウス栽培にヒートポンプ式空調機の冷房・除湿機能を使えば生産量が37%増え、収益も上がるとの研究結果を東北電力がまとめた。東日本大震災以降、宮城、福島両県の被災農地で大型ハウスによるトマト栽培が広がっており、収益アップへ活用を呼び掛ける。
 高温になる夏場はトマトの生育が悪く、ハウス栽培は7、8月に休み、8月中旬以降に苗を植える。このため露地栽培のトマトの出荷量が落ち着き、価格が高まる9、10月に出荷できないのが課題だった。
 東北電はあかい菜園(いわき市)と連携し、7月上旬に苗を植え、7月中旬〜9月上旬の夜中にヒートポンプの冷房・除湿機能を使って生育状況を3年間にわたり検証。使わなかった場合に比べ9〜11月の生産量が37%増えたほか、夏場に起きやすい高温障害も抑制された。
 50アールのハウス栽培で冷房を2カ月使った費用(約50万円)を差し引いても、9〜11月の収益は122万円アップした。あかい菜園は今年から「冷房栽培」を本格導入している。
 冷房・湿度設定は室温20度、湿度90%が最も効果的だという。東北電研究開発センターの四方田淳主幹研究員は「ヒートポンプの冷房効果が裏付けられ、ハウスでの周年栽培に道筋が付いた」と話す。
 ヒートポンプ式空調機は現在、新潟を含む東北7県のトマトを含むハウス栽培に1万5000キロワット分(約1700台)導入され、冬場の暖房に使われている。
 トマトは大型ハウスでの養液栽培に適していることに加え、通年で安定した需要があり、被災農地で盛んに栽培されている。宮城県はイチゴなどと並ぶ主力品種と位置付け、栽培を奨励している。


関連ページ: 広域 経済

2017年06月03日土曜日


先頭に戻る