宮城のニュース

<楽天>中日を投打に圧倒

 東北楽天が投打に圧倒した。打線は三回2死一塁から岡島の左中間二塁打で先制。六回に2適時打と犠飛で3点追加し、七回にもウィーラーの適時打で5−0と突き放した。先発美馬は打たせて取る投球に安定感があり、8回6安打無失点で6勝目を挙げた。
 中日は、九回にゲレーロの6試合連続本塁打となるソロで一矢報いるのがやっとだった。

 中日−東北楽天2回戦(1勝1敗、14時、ナゴヤドーム、33,110人)
東北楽天001003100=5
中  日000000001=1
(勝)美馬10試合6勝1敗
(敗)柳4試合1敗
(本)ゲレーロ16号(1)(ハーマン)=9回

☆梨田の話ダ

<締まった試合>
 「嶋が二つも盗塁阻止したのが効いた。試合が締まった。あれ、駄じゃれを言ってしまったね」(嶋の守備での活躍を冗談交じりでたたえて)

☆イヌワシろっかーるーむ

<嶋基宏捕手(2度二盗を狙った走者を刺す)>
 「盗塁阻止は美馬との共同作業。相手の流れを断ち切れた」

<与田剛投手コーチ(好投の美馬に)>
 「左右に投げ分けられていたし、カーブなどによる緩急もあってストライクを取った。決め球にスライダーやシュートをうまく使えていた」


2017年06月04日日曜日


先頭に戻る