宮城のニュース

<仙台満店>辛い、でも甘い、やっぱり辛い 癖になるここだけの味

辛さは甘口、中辛、辛口、大辛の4段階。ランチタイムにはプラス100円でサラダとドリンクが付く。世界各国のビールが十数種類そろっており、夜はカレーとビールで食事をする人も多い
店内は茶色を基調にしたくつろげる雰囲気。店名の「祭」は「わくわくして出かけて楽しかったと帰るお祭りのように、楽しみにして来てもらえる店にしたい」という思いを込めたそう

◎カレー/Curry spot 祭(sai)(カリースポットさい)(太白区)

 本格的な夏は少し先ですが、暑い日が増えてくるとスパイシーな料理が食べたくなります。というわけで今月のテーマはカレー。私のお薦めは一昨年5月、長町南にオープンした「Curry spоt 祭(sai)」です。
 カレーはチキン(750円)とポーク(800円)の2種。この日はポークを注文しました。真っ白なライスとつややかなルー、スプーンに山盛りすくっていただきまーす! ん、甘い? いやいや辛い、でも甘い、やっぱり辛い。そして深ーい!
 辛さと甘さのバランス、深いコクのある味わい。これがもう絶妙なんです。ごろっと大きな豚肉はスプーンで切れる軟らかさ。あまりにおいしくて黙々と平らげました。うーん、癖になります。
 インド風でもタイ風でも欧風でもなく、まして家庭の味でもない。ここでしか味わえない「祭」カレー。味の秘密やいかに、と店主の佐藤康太さん(32)に聞きました。「鶏がらで取ったスープをベースに、3日間かけて煮詰める野菜とフルーツのペーストと、独自に配合したスパイスで作っています」
 小麦粉を使わず野菜だけでとろみを出し、スパイスの配合はチキンとポークで変えているそうです。「このカレーは一から自分で作った味。だから食べた方がまた来てくれると『気に入ってもらえたんだ』と分かって、すごくうれしいんです」と佐藤さん。この夏、私も通うことになりそうです。(陽)

<メモ>仙台市太白区長町南4の12の16の103▽昼は午前11時〜午後2時半、夜は午後5〜9時(ラストオーダー)。木曜定休▽トッピングも豊富。ナス、アスパラ、シメジ、チーズ、半熟卵、フライドオニオンは各100円。メンチカツ150円、ヒレカツ200円。プラス50円でテークアウトも可▽19席▽022(395)4117


関連ページ: 宮城 経済 仙台満店

2017年06月05日月曜日


先頭に戻る