宮城のニュース

<楽天>6回以降2塁踏めず

 東北楽天が今季初の零敗。今季2度目の同一カード負け越しとなった。
 先発岸が毎回のように走者を許しながらも6回2失点と粘ったが、打線が4安打無得点と沈黙した。二回無死満塁、五回2死一、二塁の得点機で一打を欠き、六回以降は走者を二塁にすら進められなかった。
 中日は先発ジョーダンが6回無失点の好投で4勝目を挙げた。

 中日−東北楽天3回戦(中日2勝1敗、14時、ナゴヤドーム、30、159人)
東北楽天000000000=0
中  日00002000×=2
(勝)ジョーダン11試合4勝1敗
(S)田島28試合1勝1敗14S
(敗)岸8試合4勝2敗

☆梨田の話ダ
<左打者に打たれた>
 「いい当たりではなかったけれど、岸は左打者にカーブをうまく打たれた」(先発岸が左打者に6安打を浴び)

☆イヌワシろっかーるーむ
<与田剛投手コーチ(敗戦投手になった岸に)>
 「珍しく制球に苦しんでいた。全体的にボールが高かった。6回2失点で試合をつくったとはいえ、先取点を許したのがよくなかった」


2017年06月05日月曜日


先頭に戻る