宮城のニュース

<ベガルタ>初先発西村、追加点をアシスト

 西村がリーグ戦では今季初先発となった。2−0の後半36分、ゴール前に詰めた梁勇基にペナルティーエリア右から絶妙なパスを送り、追加点をアシストした。
 しかし、試合後の表情は硬いまま。「チームの勝利にプラスになれたのは良かったが、決定機は何度もあった。結果を残さないと信用は上がらないし、個としても上に行けない」
 引き気味に守る甲府に対し、ドリブルで何度もエリア内に進入してサポーターを沸かせたが、本人は納得できない様子。「全てにおいて足りない。毎日の練習で(足りない分を)積み重ねていきたい」と話した。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2017年06月05日月曜日


先頭に戻る