福島のニュース

子どもに笑顔 ご当地キャラ集合

全国のご当地キャラクターが地元の魅力をPRしたフェスタ

 全国のご当地キャラクターが集まる「こども夢フェスタinしらかわ」が3、4の両日、福島県白河市のJR白河駅前周辺であり、ファンや家族連れでにぎわった。
 150を超えるキャラクターが記念撮影や観光PRをしながら来場者と触れ合った。埼玉県深谷市の「ふっかちゃん」や熊本県の「くまモン」が人気を集めた。東北勢は白河だるまの眉をイメージした白河市の「しらかわん」や大船渡市のツバキの妖精「おおふなトン」などが登場した。
 郡山市行健二小6年の吉田偲月(しづき)さん(11)は「お目当てはふなっしーの弟のふなごろー。一緒に写真が撮れてよかった」と話した。
 フェスタは白河市などでつくる実行委の主催で5回目。東京電力福島第1原発事故の風評被害を払拭(ふっしょく)し、子どもたちに笑顔を届けようと開催している。


関連ページ: 福島 社会

2017年06月05日月曜日


先頭に戻る