宮城のニュース

<東北絆まつり>仙台中心部11日交通規制

 東北六魂祭の後継イベント「東北絆まつり」(実行委員会主催)のパレード開催に伴い、県警は11日、仙台市中心部で大規模な交通規制を実施する。祭りは10、11の両日の予定だが、交通規制は約27万人の人出が見込まれるパレード当日のみ行われる。
 規制場所は図の通り。東北6県の県庁所在地の夏祭りが一堂に集まるパレードがある11日は、定禅寺通と東二番丁通を中心にパレード終了まで道路を通行止めにする。
 時間帯は定禅寺通が午前11時半〜午後4時半、東二番丁通が午前11時半〜午後4時の予定。パレードが横断する広瀬通が午後1時半〜午後3時45分、折り返しの待機場所となる青葉通が午後1時半〜午後3時半などとなっている。
 海外で自動車によるテロが相次いでいることを踏まえ、パレードコース上の交差点に車両進入を防ぐ装置を置く。警察官でつくるテロ対策隊も徒歩でコース周辺を見回る。
 県警地域課は「当日は大変な混雑が予想される。観覧は公共交通機関を利用してほしい」と呼び掛けている。連絡先は東北絆まつりコールセンター022(204)8252。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月06日火曜日


先頭に戻る