宮城のニュース

子どもの貧困解決へ 石巻でシンポ

 東日本大震災の被災地などで子どもの支援を続ける公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(東京)は、石巻市内で「子どもの貧困問題解決に向けたシンポジウム」を開いた=写真=。
 市内の教員や子ども支援団体の関係者など約40人が参加し、一人親家庭が抱える課題や必要な支援策について議論。参加者からは「シングルマザー同士が集まれる場が必要」「支援者同士のつながりを構築すべきだ」などの意見が出た。
 同法人は昨年、同市と岩手県山田町で就学費用の一部を助成した世帯を対象に調査を実施。一人親家庭が72.5%を占めていたことなどを踏まえ、シンポジウムを開催した。(5月26日)


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月07日水曜日


先頭に戻る