青森のニュース

<青森銀>青葉通沿いに仙台支店移転

 青森銀行は、仙台支店を仙台市青葉区中央4丁目から同区中央3丁目の野村不動産仙台青葉通ビルに移転し、5日に営業を始めた。
 新支店はビル1階にあり、青葉通南側に面している。延べ床面積は約440平方メートルで、相談スペースを広げた。現金自動預払機(ATM)の営業時間を拡大し、平日、土日祝日とも午前7時〜午後9時とした。
 成田晋頭取は「青葉通沿いに移転することで青森銀行の認知度が上がる。取引する事業者の幅を広げ、個人ローンにも力を入れたい」と述べた。
 青葉通には七十七銀行と仙台銀行の本店のほか、岩手銀行仙台営業部、秋田銀や山形銀、大手行の仙台支店がある。

新仙台支店の前でテープカットする青森銀行の関係者


関連ページ: 青森 経済

2017年06月06日火曜日


先頭に戻る