宮城のニュース

<特殊詐欺>100万円被害 70歳男性

 仙台東署は6日、仙台市宮城野区の無職男性(70)が特殊詐欺で現金約100万円をだまし取られたと発表した。東署によると、6日午前10時半ごろ、男性方に区役所職員を名乗る男から「国民健康保険料の返金分があり、銀行から振り込まれる」と電話があった。直後に銀行員を名乗る男から電話で「現金自動預払機(ATM)だと振り込みできる」と言われ、区内の銀行のATMで男の指示通りに現金を送金したという。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月07日水曜日


先頭に戻る