宮城のニュース

<楽天>打線 またも左腕に苦戦

【東北楽天1―9DeNA】4回東北楽天無死一塁、三振に倒れる今江。捕手高城=荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた

 東北楽天打線はこのところ苦戦する左腕にまたもやられた。神奈川大からドラフト1位で入団したDeNAの新人浜口に7回3安打1得点に抑えられた。梨田監督は「荒れ球で的が絞りづらく、チェンジアップが良かった。1回の3失点で、楽に投げさせてしまった」と振り返った。
 「投げっぷりが良かった」とは3打数無安打に終わった銀次。高めの直球を振らされるなど2三振した。チーム全体でも浜口から9三振を喫し、勢いに押された。
 左対策として期待された右打ちの今江も二回に安打を放ちながら、その後は2三振。「チェンジアップをバットに当てるのは難しかった。うちは左打者が多い中、僕がもっと打たないといけない」と悔しがった。


2017年06月07日水曜日


先頭に戻る