宮城のニュース

<全日本大学野球>東北福祉大初戦敗退

四国学院大−東北福祉大 力投する東北福祉大先発の小野

 全日本大学野球第2日は6日、神宮球場などで1回戦4試合と2回戦2試合が行われ、東北福祉大(仙台六大学)は1回戦で四国学院大(四国)に0−1で敗れた。石巻専大(南東北)は2回戦で岐阜経大(東海)に0−1で屈した。
 4年ぶりの優勝を目指す上武大(関甲新)は延長十回タイブレークの末、福井工大(北陸)を5−4で振り切り、準々決勝に進んだ。
 大商大(関西六大学)天理大(阪神)中部大(愛知)も2回戦に勝ち進んだ。

◎投手陣援護できず

 ▽1回戦(神宮)

東北福祉大(仙台六大学)
   000000000=0
   00000010×=1
四国学院大(四国)
(勝)小久保
(敗)鈴木

 【評】東北福祉大は無得点で初戦敗退。一回2死一、三塁の好機を逃すなどつながりを欠き、七回の古谷の左犠飛による1失点にとどめた投手陣を援護できなかった。四国学院大は小久保が5安打完封の好投。

 ○…攻守に甘さ目立つ 東北福祉大の打線が沈黙した。四国学院大の主戦小久保の伸びのある直球と程よく荒れる制球に苦しみ、5安打無得点。4人で1失点と粘った投手陣を援護できず、主砲楠本は「この結果しか出ないような練習をしてきたと思うと申し訳ない」とうつむいた。
 勝負を分けたのは1点を追う八回。1死二塁の同点機で中軸に回ったが、3番菊名主将は外角直球を見逃し三振、続く楠本も右飛に倒れた。「なぜ手が出なかったのか。よく分からないまま終わった」と菊名主将。楠本も「自分が打てば勝てた」と肩を落とした。
 七回は2失策に乗じられて決勝点を許すなど、攻守に甘さが目立った。大塚監督は「弱さが出た。戦える選手をつくらないといけない」と必死で怒りを押し殺した。

◎先制機を生かせず

 ▽2回戦(東京ドーム)

石巻専大(南東北)
   000000000−0
   00000100×−1
岐阜経大(東海)
(勝)与座
(敗)菅野

 【評】石巻専大が零敗。打線が七回の名畑の内野安打1本に封じられ、8回1失点と粘投した菅野を援護できなかった。一回1死二塁の先制機を連続三振で逸したのが響いた。岐阜経大は与座の力投が光った。

 ○…主戦菅野「粘り切れなかった」 石巻専大主戦・菅野の125球の力投は実らなかった。0−0の六回2死一、三塁から山田に右前へ決勝打を浴びた。速球で外角低めを突いたが、うまく野手の間を抜かれた。「投手戦で粘り切れなかったのが悔しい」と残念がる。
 全国の舞台で白星を飾れなかったが、悲観した様子はない。「一球の精度を高め、もっと集中力を磨きたい」と課題を口にする。投げ合った岐阜経大の主戦与座の小気味よい投球テンポも「(味方の攻撃時に)休む暇がない。あのような投球が自分にも必要」と参考にするつもりだ。
 前向きな2年生右腕を酒井監督は「1人で投げ切りたい気持ちが伝わった。いい投球だった」とねぎらい、さらなる成長に期待を寄せた。


2017年06月07日水曜日


先頭に戻る