福島のニュース

<JR東>野馬追PR列車 発車オーライ

原ノ町駅員らが野馬追のPR列車を見送った

 JR東日本は6日、福島県相馬地方の伝統行事「相馬野馬追」(7月29〜31日)の大型ポスターで装飾した列車の運行を始めた。7月末までの間、東北地方を中心に東北、常磐、仙山の3線に計6両を走らせる。
 ポスターは縦約1メートル、幅約70センチ。車体外側に3種類計6枚を貼り付けた。昨年12月に東日本大震災の被災区間が復旧し、相馬地方と仙台間が直結したのを受けて初めて企画された。
 南相馬市の原ノ町駅で出発式があり、陣羽織や甲冑(かっちゅう)に身を包んだ関係者らが列車を見送った。鈴木浩駅長は「列車で会場を訪れ、野馬追の魅力を感じてもらいたい」と語った。


関連ページ: 福島 社会

2017年06月07日水曜日


先頭に戻る