宮城のニュース

<楽天>森8失点 自滅「申し訳ない」

3回途中、東北楽天先発の森(中央)が与田コーチ(右)から交代を告げられる(坂本秀明撮影)

 自ら崩れての惨敗だった。投手陣が計12四球と乱れれば当然だ。与四球と被安打の数が同じという珍記録が象徴的で、梨田監督は「普通こうはならない。(四球が多いのは)一番悪い」とぼやいた。
 「あまりにも重かった」と指揮官を嘆かせたのは、一回、先発森の乱調で失った大量点。先頭桑原に左前打を浴びた後、3連続四球の押し出しで先制点を許すと、泥沼にはまった。
 続く無死満塁から宮崎を二ゴロに打ち取ったかに見えたが、二塁併殺を狙った名手藤田の悪送球で相手に2点が入った。さらに、田中浩の2点打と桑原への押し出し四球でこの回6失点。三回途中、計8失点で降板した森は「制球を修正できなかった。申し訳ないです」と反省しきりだった。
 6−8の七回には森原が制球を乱して2点を失い、反撃ムードに水を差した。1死満塁から筒香、宮崎に連続で痛恨の押し出し四球。いずれも2ストライクに追い込みながら、外角の際どいコースを狙い続けた結果。「もっと大胆に投げればよかった」と森原は悔やんだ。
 3連敗と2カード連続の負け越しは、ともに今季初めて。2位ソフトバンクとのゲーム差は1.5に縮まった。梨田監督は8日先発のエース則本に「連敗を止めてもらいたい」と託した。(金野正之)


2017年06月08日木曜日


先頭に戻る