広域のニュース

<全日本大学野球>富士大8強ならず

立大−富士大 6回2死三塁、富士大・佐藤が中前適時打を放ち、2−0とする

 第3日は7日、神宮球場などで2回戦6試合が行われ、富士大(北東北)は立大(東京六大学)に2−6で逆転負けした。東北勢3チームは全て姿を消した。
 初出場で国立大の和歌山大は4−1で岡山商大(中国)を破り、九産大(福岡六大学)は四国学院大(四国)に2−1でサヨナラ勝ち。国際武道大(千葉)天理大(阪神)東海大北海道(札幌)も勝って、それぞれ準々決勝に進んだ。
 8日に神宮球場で行われる準々決勝は上武大(関甲新)−和歌山大、九産大−国際武道大、岐阜経大(東海)−東海大北海道、立大−天理大の顔合わせとなった。

◎終盤に力尽きる

 ▽2回戦(東京ドーム)

富士大(北東北)  000002000=2
立教大(東京六大学)00000060×=6

(勝)田中
(敗)加藤
(本)大東(2)(加藤)

 【評】富士大が終盤に力尽きた。2−0の七回、先発加藤が大東に2ランを浴びて同点。さらに1死満塁から3番手鈴木が押し出し死球で勝ち越しを許すと、笠松の2点二塁打などで突き放された。立教大は田中が5安打2失点で完投。

◎好投の加藤に落とし穴 7回逆転許す

 富士大先発の加藤は六回まで立大から12三振を奪う快投を見せたが、七回に落とし穴が待っていた。2−0の無死一塁から大東に同点弾を浴び「外角を狙った直球が甘く入った。悔しい」と表情を曇らせた。
 その後も相手の勢いを止められない。加藤が四球と内野安打で1死一、二塁のピンチを招いて降板すると、2番手上島は熊谷(仙台育英高出)に死球を与えて満塁。1回戦で好投した左腕鈴木につないだが、飯迫に死球を与えて押し出しで勝ち越され、続く笠松には左翼線を痛烈に破られた。
 同点直後に加藤を諦める選択肢もあったが、投手交代の遅れが裏目に出た。豊田監督は「継投の難しさを改めて感じた」と言う。
 加藤の球数は六回までに100球を超え、立大打線は2安打に抑えられながらもファウルで粘っていた。捕手の小林は「投げさせられた感じ。終盤勝負に持ち込んだ相手との経験の差が出た」と脱帽した。(剣持雄治)


2017年06月08日木曜日


先頭に戻る