宮城のニュース

<TKP>新ホテル「仙台駅北」着工

 TKP(東京)が仙台市宮城野区名掛丁に建設する「アパホテルTKP仙台駅北」の起工式が8日、現地であった。開業予定は2018年10月。同社のホテル建設は東北で初めて。ホテル隣に会議室棟を整備し、ビジネス需要を中心に集客拡大を目指す。
 ホテルはアパグループ(東京)のフランチャイズでTKPが運営する。鉄骨13階で延べ床面積約7150平方メートル。客室305室、300人収容の宴会場を設ける。会議室棟は6階で、2〜6階に100人収容の会議室を1室ずつ備える。
 場所はJR仙台駅東口の北側の線路沿い。駅から徒歩5分の位置にある。


関連ページ: 宮城 経済

2017年06月09日金曜日


先頭に戻る