宮城のニュース

東松島のラベンダー畑 10日から無料開放

日ごとに青紫色の花が濃くなっているラベンダー

 東松島市大塩の東北コットンプロジェクト東松島農場内のラベンダー畑が、10〜25日と7月8〜17日の土日祝日、無料で一般開放される。
 畑は約5000平方メートル。東日本大震災の被災地を支援する仙台市のベンチャー企業「A・LAVENDER・COM」が2014年から、福祉向けハーブ製品の原料となるイングリッシュ1万2000株、ラバンジン1700株の2種類のラベンダーを育てている。
 開放日にはラベンダーの苗や同社製品などを販売。畑の隣に整備した約2300平方メートルのハーブ園も開放し、130種類のハーブを楽しめる。今月18、25日には愛犬と写真を撮れる「犬の集い」を開く。
 午前10時〜午後3時。雨天中止。同期間中、ハーブ園は水曜も開放する。連絡先は同社080(6497)4736。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月10日土曜日


先頭に戻る