宮城のニュース

時間大切にしてね 時計店が園児招き見学会

人気キャラクターの目覚まし時計に喜ぶ園児たち

 10日の「時の記念日」に合わせ、白石市本町の時計店「ナガハシ」が、市内の幼稚園や保育園の園児を対象にした時計の見学会を開いている。
 7日は白石はるかぜ保育園の4歳児19人が参加した。長橋和夫社長が人気キャラクターの目覚まし時計やからくり時計などを紹介。「時間を大切にし、約束を守る人になりましょう」と呼び掛けた。
 花が咲くように文字盤が開いたり、小さな人形が飛び出したりする時計もあり、園児は「きれい」「すごい」などと歓声を上げた。1923年の創業時からある高さ約2.2メートルのドイツ製ホールクロック(大型置き時計)の前では童謡「とけいのうた」を合唱した。
 同店の恒例行事で12日までに計6施設の園児を招く。


関連ページ: 宮城 社会

2017年06月10日土曜日


先頭に戻る