宮城のニュース

<楽天>聖沢2安打2打点 チームけん引

【東北楽天8―2DeNA】5回東北楽天1死一、二塁、聖沢が左中間へ2点適時二塁打を放つ=コボパ宮城

 東北楽天の聖沢が2安打2打点の活躍でチームをけん引した。「先発の機会は少ないが、期待に応えられて良かった」と笑顔を見せた。
 四回は左翼線に三塁打を放ち、続く藤田の適時打で3点目のホームを踏んだ。五回は左中間に2点二塁打を放ち、8−0とした。「2本ともイメージ通り。(相手先発の)三嶋君の映像を見て、内角のカットボールはいいので手を出さず、外の球を逆方向に心掛けた」と振り返った。
 梨田監督も「三塁打の場面の走塁は次の塁を狙う姿勢が良く、いい働きだった」とたたえた。聖沢は「優勝するような強いチームはたまに出る控え選手が活躍する。層の厚さを示したい」と意気込みを語った。


2017年06月09日金曜日


先頭に戻る