宮城のニュース

東北現代工芸美術展 仙台できょう開幕

河北新報社賞に選ばれた井波さんの「静境」

◎井波さん(会津若松)河北賞

 第42回東北現代工芸美術展(河北新報社、宮城県文化振興財団、現代工芸美術家協会東北会主催)の作品審査が8日、仙台市青葉区のせんだいメディアテークであった。最高賞の河北新報社賞は井波純さん(57)=会津若松市=の漆「静境」に決まった。同展は9〜14日、メディアテークで開かれる。
 東北6県在住または出身者を対象とする造形作品の公募展で、染織や陶磁など61点の応募があった。河北工芸展顧問の漆芸家沓沢則雄さん(76)=湯沢市=ら4人が審査し、入賞11点、入選46点を選んだ。
 入賞・入選作と会員の出品作の計106点を会場に展示する。午前10時〜午後6時。最終日は午後4時まで。入場料は一般・大学生300円。高校生以下無料。
 一般の入賞・入選者と会員の入賞者は次の通り。(敬称略、入選は氏名のみ)

 【一般・入賞】河北新報社賞=漆「静境」井波純(会津若松市)▽宮城県文化振興財団賞=木「ホルスト『惑星』より『ヴィーナス』の調べ」倉橋正伸(大仙市)▽東北現代工芸賞=硝子「氷柱形花器」大内学(山形県大石田町)▽宮城県知事賞=染織「奏」安倍礼夏(白石市)▽仙台市長賞=染織「初夏の彩り」千葉洋子(宮城県美里町)▽奨励賞=籐「めぐり めぐる」会田智恵(仙台市)染織「夕暮れのビル街」今野隆子(宮城県大郷町)陶磁「練込象嵌瓶『月』」庄司人志(二本松市)陶磁「海風の街」刈屋耕土(八戸市)染織「想い出」中塚由美子(神奈川県鎌倉市)染織「compose 2017」横田美和(仙台市)
 【一般・入選】武田さい(仙台市)熊谷友美恵(大崎市)国井慶子(仙台市)佐々木泰子(同)相沢静子(名取市)横山和男(宮城県美里町)加藤功(宮城県大河原町)根本進(宮城県亘理町)武田ひろみ(宮城県蔵王町)昆野明栄(遠野市)大泉三保(宮城県蔵王町)芳賀健雄(福島県鏡石町)千田圓(仙台市)川越冷子(弘前市)高橋かほる(宮城県利府町)太田良夫(白河市)成田秀子(弘前市)阿部きえこ(登米市)小野寺博子(仙台市)長島頼子(同)杉本邦明(白河市)小林政美(宮城県松島町)小林寛子(仙台市)江本さなえ(同)池上地久子(同)鈴木隆子(大崎市)小林清子(仙台市)佐沢滋子(宮城県加美町)新藤睦子(仙台市)大友照子(同)加藤哲子(大崎市)都築栄蔵(岩沼市)山川奈美(仙台市)西中貞江(栗原市)三浦芳枝(宮城県柴田町)小林忠男(仙台市)河田和年(同)原沢浩(同)近藤敬宣(石巻市)嶋津良枝(名取市)武田有紀(東京都新宿区)鈴木俊明(宮城県利府町)菊地里絵子(仙台市)
 【審査員作品】沓沢則雄(湯沢市)近藤学(いわき市)佐藤正七生(山形市)井上善夫(二本松市)
 【会員・入賞】現代工芸東北会会長賞=陶磁「黒光II」水無瀬守(仙台市)▽現代工芸東北会会員賞=竹「八の字かがり.鎧編文様籠」丸山恵子(同)染織「紫根の夢」三浦真理子(秋田県三種町)


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年06月09日金曜日


先頭に戻る