宮城のニュース

<衆院比例東北>吉田氏が繰り上げ当選へ

吉田 泉氏

 民進党の郡和子衆院議員(60)=比例東北=が任期満了に伴う仙台市長選(7月9日告示、23日投開票)への立候補を表明した9日、繰り上げ当選が確実になった元衆院議員で同党福島5区総支部長の吉田泉氏(68)は「東日本大震災からの復興が最優先課題。精いっぱい責任を果たしたい」と決意を語った。
 吉田氏は2014年衆院選福島5区で旧民主党から立候補し落選。重複立候補した比例東北の民主党名簿で次点となっていた。
 いわき市出身。市議を経て、03年衆院選比例東北で初当選し、当選4回。民主党政権で復興副大臣を務めた。
 吉田氏は昨年、次期衆院選に立候補しない意向を表明。5区総支部などが後継の人選に当たってきたが難航している。吉田氏は今後について「次の世代にバトンタッチする考え方は基本的に変わらない。総支部の選考委員会でよくもんでいきたい」と話した。
 党福島県連内には吉田氏の続投に期待する声がある。亀岡義尚幹事長は「状況が変わったので、後継者探しはいったん棚上げになる。振り出しに戻って考えたい」と述べた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年06月10日土曜日


先頭に戻る