宮城のニュース

<楽天>救援久保も踏ん張れず

3回、追加点を許しがっくりしながらベンチへ引き揚げる2番手の久保=2017年6月9日、コボパ宮城

 東北楽天は投手陣が序盤に崩れた。塩見に代わって急きょ先発した戸村が二回に適時打2本などで3点を先取され、三回に無死一、二塁のピンチを招いて降板。救援した久保も踏ん張れず、押し出し死球と適時二塁打で3点を許した。打線は0−6の四回に2点、九回に1点を返すにとどまった。
 広島は先発ジョンソンが6回2失点で今季初勝利を挙げた。

 東北楽天−広島1回戦(広島1勝、18時、Koboパーク宮城、26、137人)
広  島033000042=12
東北楽天000200001=3
(勝)ジョンソン2試合1勝1敗
(敗)戸村9試合2勝1敗

☆梨田の話ダ
<明日につながるよう>
 「明日もあさっても試合はある。負けはしたが、次につながるように。そういう気持ちでやっている」(九回に1点返すなど、終盤に粘った打線について)

☆イヌワシろっかーるーむ
<与田剛投手コーチ(緊急登板の戸村を気遣い)>
 「苦しかったね。もちろんいい結果を望んでいたけど、緊急だったので」


2017年06月10日土曜日


先頭に戻る