青森のニュース

チキンの異物は人の爪

 ローソンは9日、青森県内で販売された「サラダチキン(ハーブ)」に混入していた白い異物を、人の爪と確認したと発表した。
 爪の大きさは長さ約8ミリ、幅約6ミリで、爪切りなどで切断されたものではなく、剥がれ落ちた一部とみられる。回収した異物を外部の調査機関が分析して判明した。
 商品は中国の工場で製造し、食肉専門商社「フードリンク」(東京)が輸入。爪が混入した経路は特定できていない。
 青森県七戸町の店舗で5月17日に商品を購入した女性客から「爪のようなものが入っている」と翌18日、ローソンに連絡があり、同社が調査していた。


関連ページ: 青森 社会

2017年06月10日土曜日


先頭に戻る