宮城のニュース

<楽天>島内好守で美馬のピンチ救う

 東北楽天の島内が好守で美馬のピンチを救った。1−1の八回1死二塁、西川が打った中堅への大飛球を好捕した。頭上を越されれば勝ち越し点を奪われていただけに「打たれた瞬間はまずいと思ったが、取れてよかった」と、安堵(あんど)の表情を浮かべた。
 陣形は二走の本塁生還を阻む前進守備。それでも俊足を飛ばして右中間フェンス手前まで戻って落下点に入り、捕球した。逆風もあり、ボールがやや戻る形で「変な捕球姿勢になってしまった」といい、「今度はもっと完ぺきな形で捕りたい」と語った。


2017年06月11日日曜日


先頭に戻る