岩手のニュース

<チャグチャグ馬コ>70頭 夏の足音

アヤメが咲く田園地帯を進むチャグチャグ馬コの列=10日、滝沢市

 国指定無形民俗文化財の伝統行事「チャグチャグ馬コ」が10日、岩手県滝沢市から盛岡市までの約13キロで繰り広げられた。農耕馬70頭が「チャグ、チャグ」と鈴の音を響かせながら練り歩き、岩手路に初夏の到来を告げた。
 鈴付きの色鮮やかな装束をまとった馬たちは午前9時半、滝沢市の鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社を出発。間もなく雨が降り始めたが、ゴール地点の盛岡市の盛岡八幡宮に着く寸前で晴れ間が戻り、大勢の見物客が出迎えた。
 久慈市から訪れた会社員小山誓子さん(23)は「農耕馬を間近で見るのは初めてで迫力にびっくり。装束が華やかでかわいらしいです」と話した。


関連ページ: 岩手 社会

2017年06月11日日曜日


先頭に戻る