山形のニュース

スイカ畑 銀色トンネル月夜に浮かぶ

満月に照らされたスイカ畑=9日午後11時55分、尾花沢市尾花沢

 夏スイカの生産日本一の山形県尾花沢市。満月となった9日深夜、同市尾花沢の徳良湖に近いスイカ畑では、土の温度を保つビニールのトンネルが月明かりに照らされ、夜のしじまに銀色のストライプが浮かび上がった。
 トンネルは幅約1メートル、高さ約0.4メートル、長さ10メートル以上。中では苗がすくすく育つ。今後、人工交配や摘果作業を経て、7月中旬から収穫作業に入る。
 市内は9日、日中の最高気温が26.4度で夏日となったが、10日未明に13度近くまで気温が下がった。この盆地特有の昼夜の寒暖差がスイカの糖度を高める。


関連ページ: 山形 社会

2017年06月11日日曜日


先頭に戻る