宮城のニュース

<春季高校野球>仙台育英4年ぶりV

八戸学院光星−仙台育英 5回裏仙台育英2死二塁、相手バッテリーのミスで二走渡部(中央)が本塁に生還し、打者の馬目(右)とタッチを交わす

 第64回春季東北地区高校野球大会最終日は12日、石巻市民球場で決勝があり、仙台育英(宮城)が八戸学院光星(青森)を1−0で破り、4年ぶり12度目の優勝を果たした。

 ▽決勝
八戸学院光星(青森)000000000=0
  仙台育英(宮城)00001000×=1

 仙台育英は五回1死から四球で出た走者を犠打で送って2死二塁とし、捕逸と三塁への悪送球の間に二走が一気に生還。無安打で決勝点をもぎ取った。投げては主戦長谷川が5安打完封と好投した。
 八戸学院光星は三回に1死一、二塁、七回には2死一、三塁の好機をつくったが、あと1本が出なかった。


2017年06月12日月曜日


先頭に戻る