宮城のニュース

<楽天>岸、全球団からの勝利 持ち越し

力投する東北楽天先発の岸=2017年6月11日、コボパ宮城

 東北楽天の先発岸は移籍後最多となる129球を投げ、7回2失点の粘投。「最低限ゲームはつくれた」と振り返った。
 この日最速の147キロを六、七回にマークするなど、力は最後まで尽きなかった。七回には2安打を浴びたものの、嶋の盗塁阻止にも助けられ無失点。最後は2死二塁から前打席で適時打を浴びた会沢を外角低めの146キロ直球で空振り三振に仕留め、グラブを勢いよくたたいた。
 勝ちは付かず、セ・パ両リーグ12球団からの勝利達成は持ち越しに。「チームが勝ったからOKです。来季以降またチャンスがあれば頑張りたい」と話した。


2017年06月13日火曜日


先頭に戻る