宮城のニュース

<中総体>大場が奪還 危なげなくリベンジ

バドミントン青葉区男子シングルスで優勝した仙台青陵中教校・大場

 バドミントンの青葉区男子シングルスは大場(仙台青陵中教校)が2年ぶり2度目の優勝を果たした。昨年は決勝で敗れただけに「リベンジできてうれしい」と笑顔を見せた。
 手足の長さを生かし、ラリーをつないで相手の隙を突くプレーが武器。「調子がいい」と話すだけあって、決勝を含めた5試合を1ゲームも落とさず、危なげなく勝った。
 県中学総体はおととしがベスト16、昨年がベスト8だった。「今年の春の県大会は3位。県中学総体は優勝を狙う」と言い切った。


2017年06月13日火曜日


先頭に戻る